1933年から続く濾過助剤、珪藻土、パーライトのパイオニアとして
資源採掘から開発製造研究を行っています【東証2部上場4990】

多孔質な珪藻土・パーライトの細孔

トップページ > 研究分析センター > 多孔質な珪藻土・パーライトの細孔
お問い合わせ

多孔質な珪藻土・パーライトの細孔

珪藻土・パーライトは、数十ミクロン(μm)の粒子で数ミクロン(μm)~サブミクロン(μm)の細孔を持った多孔質素材です。濾過助剤としての用途がよく知られておりますが、更なる機能追求としてポーラスな特性を活かし、その細孔に様々な物を固定化・担持させ、担体、触媒、吸着材、キャリアの基材としても使用されております。例えば、食品業界のバイオリアクターへの利用があげられます。
また、多孔質素材ゆえに、吸水量、吸油量が多く充填材としての使用においては、増量効果があります。主成分はシリカで、化学的には活性が低く安定しており、基材には最適な特徴です。
下図は、数ミクロン(μm)~サブミクロン(μm)の細孔状態の電子顕微鏡写真であり、一例をご紹介します。

細孔写真(電子顕微鏡)

 

ラヂオライト#100(珪藻土焼成品)

広範囲視野

局部拡大視野

 

ラヂオライトF(珪藻土融剤焼成品)

広範囲視野

局部拡大視野

RC417(珪藻土粒状品)

広範囲視野

局部拡大視野

トプコパーライト#31(真珠岩発泡品)

広範囲視野

局部拡大視野

 

<<珪藻土・パーライトとは?   技術サービス>>

 

お問い合わせ